銀歯が気になる【審美歯科】

銀歯が気になる・美しい口元に~審美歯科~

  • 銀歯が気になる・美しい口元に~審美歯科~ Before
  • 銀歯が気になる・美しい口元に~審美歯科~ After

虫歯治療の銀歯が気になる」「詰めもの・被せものがとれた」という方、審美歯科で解決しませんか? 審美歯科とは、歯の見た目を美しくする治療を行う診療メニューです。といっても、もちろん見た目だけでなく、当院では機能性も十分に注意して、「長持ちする美しい歯」をご提案しています。

審美歯科治療というと、「セラミック」のことばかり話題にのぼりがちになります。しかし、上野・御徒町駅近くの歯医者、中冨歯科医院では、歯として重要である「長持ちすること」を重視し、必要に応じてセラミックと金属を使い分けて治療を行っています。たとえば、見た目が気になる前歯にはセラミックを、他人から見えにくい奥歯には強度を重視して部分的に金属を用いる場合もあります。

また、小さな部分の治療に関しては保険が適用されるCR(コンポジットレジン)で対応し、CRでは対応しきれない場合は、e-maxインレーで対応する場合があります。

患者さんが、美しく機能的な口元を手に入れて、毎日笑って過ごしていただけるように――。当院では一人ひとりのお悩みに寄り添った審美歯科治療をご提供します。

意外と知らない銀歯のリスクについて

虫歯治療においては、当然のように銀歯が使われてきました。しかし近年、以下のような銀歯のリスクが問題視されています。

リスク 01:二次カリエス リスク 02:金属アレルギー

二次カリエスとは、再発した虫歯のこと。銀歯はお口の中で経年によって腐食し、歯との間にすき間ができてしまいます。また、銀歯の接着に使われるセメントの劣化によっても同じことが起き、そこに虫歯菌が入り込んで再発を招いてしまうのです。

また銀歯は天然歯より硬いため、歯を摩耗させてしまうこともあります。つまり銀歯は、歯の寿命を縮めてしまうリスクを負っているのです。

近年、銀歯などのお口の中の金属は、だ液によって溶け出してイオン化し、体内に取り込まれて金属アレルギーを引き起こす原因になることがわかってきました。

金属アレルギーは、肌にかゆみやかぶれなどの症状を招きます。原因不明の肌荒れがある場合には、お口の中に原因があるかもしれません。

取り扱い素材の紹介

オールセラミック

オールセラミック

セラミックのみを素材としてつくられた詰めもの・被せものです。天然歯に近い、自然な白さと透明感を再現することができます。また、金属アレルギーの心配がありません。

メタルボンド

メタルボンド

金属のフレームの表面に、セラミックを焼きつけた被せものです。金属を使用するため透明感は劣りますが、金属ゆえの強度とセラミックゆえの美しさの両方を持っています。咬む力が強い奥歯におすすめです。

ジルコニア

ジルコニア

人工ダイヤモンドの素材にもなるジルコニアを用いた、詰めもの・被せものです。自然な白さと透明感を再現できる大変美しい素材であり、金属アレルギーの心配も不要です。

ハイブリッドセラミック

ハイブリッドセラミック

セラミックとレジン(歯科用プラスチック)をかけ合わせた素材でつくられた、詰めもの・被せもの。審美性、強度、耐久性はオールセラミックに劣りますが、適度な軟性を持つため、咬み合う歯を傷めないというメリットがあります。

e-max

e-max

ニケイ酸リチウムガラスを主成分にしたセラミック素材。曲げ強度が高いため、耐久性に優れた美しい詰めもの・被せものをつくることができます。また、金属アレルギーの心配もありません。

虫歯治療についてのお問い合わせはこちら 03-3835-0881

中冨歯科 NAKATOMI DENTAL 予防を大切にしている医院です。

御徒町駅から徒歩3分

診療時間

診療時間

地図〒110-0005 東京都台東区上野3-23-11 松田ビル2F

35.70657581212577,139.77395883016356

中冨歯科
〒110-0005
東京都台東区上野3-23-11 松田ビル2F

35.7063493,139.7733151